インライン

【初級】インラインスケートで少し勢いをつけてスケーティング

これまでにスケーティングは奥が深いというお話をさせていただきました

スケーティングと一言で言ってもレベルに差があります。例えるならただ走る!と言っても速く走る方法や長く走る方法、ただなんとなく走るなど違いがあるのと同じです

これまでにお伝えしたのは「ただ移動するためだけ」のスケーティング技術です

今回お伝えするのは「少し推進要素を強めてスケーティングしよう」というのがテーマです!

インラインスケートで少し勢いをつけてスケーティング

言ってしまえば本当にこれに尽きるのですが「少し勢いをつけてスケーティング」です!

もっと噛み砕くと、今までより少し強く蹴り出し、もうわずかにローラーを強く回すイメージを持ってください

もっともっと簡単に言うと、今までより「スピード」を出して滑ってください!

⓪まず「目指す」スケーティングを確認

スキーでは大まかに3種類くらいにスケーティングが分けられます
もっと多い!っていう人もいますし、特に全く使い分けを意識しない!って人もいると思います

まあ、それはいいとして

  1. インエッジだけを使ったスケーティング
  2. フラットからインエッジを使ったスケーティング
  3. アウトエッジ→フラット→インエッジを使ったスケーティング

この3種類くらいです!

スケーティングが上手い人をみて欲しいですが、蹴って前に出していく方の足ははじめ農地は外側に倒れているはずです。

こうすることでワンストロークを長くとれ、推進要素が増します!が!!初級者でいきなりこれは絶対できません。ので「インエッジを使ったスケーティング」でスピードを高める練習をしましょう!

①ポジションを再確認

結局のところ1番基本的なポジションがしっかりと作れていない時点でこれまで以上にスケーティングで速く滑るなんで無理です

再度ポジションを確認してみてください

インラインは「常に動き続けている」という要素が含まれます。ただ、その場で作ったポジションが取れればいいと言うわけでなく、動き続けるインラインの上でポジションを撮り続けることが大切です

これはスキーにも通じる部分があって、スキーヤーは常に斜面上から下へと動き続けています。それと同じですね!

②少し勢いをつけてスタートしてみる

Vスタンスからスタートするのがいいでしょう!スピードスケートの選手をイメージしてください

一番初め蹴り出す方の足が真っ直ぐになっていますが??つまり、これから地面を蹴って思いっきり加速しよう!としている方の足です

その足が、進行方向に対して真っ直ぐになっていたら蹴り出せませんよね??なんとなくわかってもらえますか??

インラインを履いていない人間の素足のように足首が思いっきり曲がればこれでもいいかもしれませんが、実際はインラインを履いていて足元はローラーがついているので力が逃げてしまいます

少しややこしくなったんのでまとめるとVスタンスにしてスタートしてみる!これだけ覚えてください!

足を揃えた状態で思いっきりスタートは切れないはず

③ひたすら反復練習

すごくシンプルですが、反復練習するしかないです。

目標は、勢いをつけてもしっかり最後は自分の力で止まることができる!というレベルを目指してください

まとめ:インラインスケートで少し勢いをつけてスケーティング

⓪目指すスケーティングを理解する
①ポジション確認
②少し勢いをつけてスケーティングしてみる
③ひたすら反復練習

関連記事

入門編はこちら

参考になったと思ったらポチってください!

チャンネル登録

更新頻度高め!YouTubeのチャンネル登録はこちら!

スポンサー登録

公式ラインから直接やりとりできます!スキーのこと、インラインのこと、白馬村のこととかなんでもOKです!

ブログランキング


スキーランキング

ポチってくれたら嬉しいです

【オンラインレッスン】初級者・中級者向け

月額500円でスキーやインラインに関する質問受け付けます!
公式LINEにて友達とLINEする感覚で直接私とやりとりが可能です。

業界初!?上級者に到達したら卒業してください!!

Players1stというサービスを利用します。ワンコインプランへお申し込みください
※リンク先のサービス内容とここに記載してある内容は多少異なりますが
「オンラインレッスン希望」と公式ラインでお申し付けください

 

末長くお付き合いいただくことがこちらにとって最大のメリットですが、受講するあなたのことを考えると上のステージを紹介した方がいいと思いますので