インライン

【入門】インラインでスキーの練習!とにかく止まろう!

インラインにはヒールブレーキがついています。正直、本当の初心者にとってヒールブレーキは結構難易度が高くあまり実用的ではないと考えています

ヒールブレーキが使いこなせるようになるのは、ある程度インラインになれてからのほうがいいかな??という実体験を元にお伝えします

正直、なれていない段階でヒールブレーキをやろうとするとナチュラルに転んで終わりです

ということで今回は「簡単に止まる方法」とお伝えします

【入門】インラインでスキーの練習!とにかく止まろう!

とにかく止まれるようになること!コレだけでOKです!

前回の復習:Aスタンスを思い出そう

前回の記事で「Aスタンス」というものを紹介しました。足を広げ、東京タワーのように立つだけです

今回の内容:Aスタンス→つま先を寄せて止まる!

滑走中、Aスタンスから、つま先をくっつけるような動作をしてみてください。じゃあ止まることができます!

超低速でOKです。とりあえず、進んでいる状態から停止ができればOKです!

特に精度は求めません。止まれたらOKです!!

  1. 徐行から止まれたらOK
  2. ストックを使って助走してもよし
  3. とりあえず、深いことは考えず「動く→Aスタンスで止まる」ができればOK
  4. ヒールブレーキを使わなくても止まれることを知ってください

まとめ:インラインでスキーの練習!とにかく止まろう!

徐行→止まるだけでOKです!深い知識や技術は現時点で必要ありません。何度も言いますがとりあえず止まれたらそれでOKです!

関連記事

前回の内容
次回の内容

インラインスケートでスケーティングする方法

【2021】オンラインスキーヤーズコンテスト受付中!
ジャッジ 風間健太さん
(東京都5連覇!)
種目 総合滑降
参加費 1500円(2/23まで早割1000円)
アドバイス ワンポイントアドバイスあり
ジャッジの基準
  • 自由且つリズム変化で線をつないでこれる人
  • ライン取りが上手な人
  • 多少人がいても考慮する
エントリー受付 2/20~2/26
リザルト 3/5くらい
斜面設定 中急斜面