基礎スキー

【スキー】直滑降で風の抵抗を検証(クローチングvs棒立ちvs低く構える)

ワタルです

今回は風の抵抗を検証しました

スピードを出したい時や失速したくない時は風の抵抗を受けないよう低く構えるはずです

  • クローチング
  • 低く構える
  • 棒立ち

この3パターンで検証しています

ワタル
ワタル
この記事の内容は、ぜひ動画で確認してください!

【スキー】直滑降で風の抵抗を検証(クローチングvs棒立ちvs低く構える)

【検証方法や補足をまとめます】

  • 3人がそれぞれ違う構えで滑ります
  • 個人個人の体重は違います
  • 誰が一番速いか検証します
  • 後々気づきましたが、多少の傾斜面です
  • 合計2回検証し、場所を入れ替えています

今回の協力者

お名前 大学生スキーヤー KEN.さん
Youtube https://www.youtube.com/channel/UCg0R_Yuev9AomePBM7TfVNw
備考 現役大学生?のKEN.さんです。クラウンまで取得済みで言うまでもなくエキスパートスキーヤーです。最近よく筆者のワタルと絡んでいます笑
ワタル
ワタル
今回はクローチングの役をやってもらいます
お名前 生涯全力スキーヤー ナオキさん
Blog 俺の人生スキーしかねえ!!
Youtube https://www.youtube.com/channel/UClx-MSe06ZtLID5uwDe8Lsg
備考 生涯全力スキーヤーナオキさんです。プライベートでも仲良くさせて頂いています。一緒に滑ってみて感じることはシンプルにスキーが上手いです。基本から着実に積み上げて来たんだろうなと言う印象を受けています
ワタル
ワタル
今回は低く構える役をやってもらいます

ps.僕が棒立ちの役をやります

 

第1回目の検証の結果

  1. KEN.さん(クローチング)
  2. ナオキさん(低く構える)
  3. ワタル(棒立ち)

検証の結果は….
全然、予想通りでした笑

第2回目の検証の結果

  1. KEN.さん(クローチング)
  2. ナオキさん(低く構える)
    ワタル(棒立ち)

検証結果としては
クローチングが一番速くて棒立ちと低く構える2人が同じという結果になりました

おそらく、右側の人間が一番ウエイトが重く急斜面を滑っているため、真ん中の人との差があまりでなかったのだと思われます

  • 1回目と場所の入れ替えを行っています
  • KEN.さんが大回りの板を履いていたことが判明しました

実際に検証してみた感想は

「緩斜面で明確にスピードの差がでる!」

ということです

まとめ:直滑降で風の抵抗を検証

今回の内容をまとめると

  • 低く構えて腕も畳んだほうが風の影響は受けにくい
  • 緩斜面に入ってからそれぞれに明確な差が出る
  • 体重や多少の斜面もスピードに影響する

是非動画でも確認してください!

オススメの関連記事

ワタル
ワタル
この記事の内容を是非参考にしてください!
【2021】オンラインスキーヤーズコンテスト受付中!
ジャッジ 風間健太さん
(東京都5連覇!)
種目 総合滑降
参加費 1500円(2/23まで早割1000円)
アドバイス ワンポイントアドバイスあり
ジャッジの基準
  • 自由且つリズム変化で線をつないでこれる人
  • ライン取りが上手な人
  • 多少人がいても考慮する
エントリー受付 2/20~2/26
リザルト 3/5くらい
斜面設定 中急斜面