YouTube視聴者に聞いた!春スキーにオススメのアイテムTop5

2022年3月現在、約1.3万人のチャンネル登録者のYouTubeチャンネルでアンケートを実施しました。回答者は約1000名です。

春スキーにおすすめのアイテムをYouTubeの視聴者に伺いました。

温かい時期に「これ使うだろうなー」というアイテムを私なりにチョイスしましたが、その中から多数決でランキングを作成しました。

ランキングに関しては私の意見は一切組み込まれていません。

目次

春スキーにオススメのアイテムTop5

スキーライフをより快適に楽しんでいただきたいという思いからこのランキング記事を作成しています。YouTube動画も合わせてご確認いただけれれば理解が深まるはずです。

基本的にこの記事にはAmazonのリンクを掲載しています。

また、Amazonプライムの無料体験でお得にアイテムを入手することができます。私自身、世界一のサブスクだと思っていますので利用するなら登録しない理由は一ミリもありません。笑

Amazonプライム無料体験はこちら

第5位:制汗剤(全体の2%)

春スキーは気温も高く、周りは雪だらけなのに灼熱のように感じてしまう場合もあります。

斜面はコブ斜面が多くなり、体力の消費も激しいです。そうなった場合当然汗をかいてしまうのは致し方ありません。

その対策として制汗剤をチョイスしましたが、2%とあまりオススメしている方はいらっしゃいませんでした。

どうせなら、タオルのように汗を拭えるアイテムのほうが需要がありそうですね

制汗剤の購入はこちら

第4位:ネックチューブ(全体の14%)

近年、急速に普及したアイテムの一つとしてネックチューブが挙げられます。

寒い時期は暖かく、暑い時期には日焼け対策にもなる優れものです。

滑っているとき、口元まで覆ってしまうと息苦しくなる点は否めませんが、リフトの上などで防寒や日焼け対策として活用するのは大いに利用価値があるかなと感じています。

また、近年コロナウイルスの影響でマスクやネックチューブの着用をお願いされる場合もありますので現代においてはほぼ必須アイテムにちかい物となっていますね

ネックチューブの購入はこちら

第3位:濡れたときの着替えや雨具(23%)

春の時期になるととにかく服がびっしょりに、、、という事例が多く発生します。

服が濡れてしまう原因としては「汗」と「雨」が主な理由です。

ちょっと残念なお知らせかもしれませんが晴れていても雨が降っていても基本濡れるんです。

このことから濡れたときの着替えは必須アイテムとなり、カッパなどの雨雲無いと悲惨なことになります。

着替え(インナー)

雨具(カッパ)

第2位:春スキー用のワックス(23%)

春スキーを快適に過ごすのであれば正直こちらも必須アイテムとなります。

ワックスを塗っていない板で滑ると「全く滑らない」なんてことは基本ありえません。

ここ数年、簡易ワックスでも持続時間が1日以上の代物も開発されたりしています。

私はよくRESCUE WAXの「雪虎」というワックスを利用していますが、対黄砂にも強いワックスとなります。

黄砂のも対応したワックスはこちら

第1位:日焼け止め(約40%)

春になると特に日焼けを気にする方が多くいらっしゃるというでデータとなりました。

直射日光のみならず、雪面からの照り返しなどもありますので、スキーヤーは四面楚歌です。笑

大型のサイズの日焼け止めもありますが、スキーヤーのあなたにはコンパクトなアイテムをオススメいたします。

サイズが小さい方が持ち運びは楽ですし、なによりかさ張るとスキーの技術にも影響しかねませんので

日焼け止めはこちら

まとめ

春スキーに必要なアイテムランキング

  • 5位:制汗剤(4%)
  • 4位:ネックチューブ(全体の14%)
  • 3位:濡れたときの着替えや雨具(23%)
  • 2位:第2位:春スキー用のワックス(23%)
  • 1位:第1位:日焼け止め(約40%)

YouTubeでも解説中です!

927名のご意見を参考にさせていただきました!ご回答いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スキー系YouTuberとして活動中!チャンネル登録者は1万人を突破し企業・個人のスポンサー様に支えられながら活動中

目次
閉じる