テクノロジー

【備忘録】Ruby基礎知識まとめ

俺による俺のためだけにまとめたページですが、誰かのお役に立てればと思います。間違っている可能性は大ですが、掘り出し物があるかも

ワタル
ワタル
Rubyとはプログラミング言語である

Ruby基礎知識まとめ

RubyはWEBアプリケーションの「システム」をつくるためのプログラミング言語です。 似たような言語として、PHPやPythonといったものがあります。

(引用:Progate)

超基本用語まとめ

コンソール コードを実行して出力(表示)される部分
引数 def introduce(name)
メソッドに与える追加情報
文字列 ””で囲まれた部分(絶対半角)
数値 ””で囲わなくてもputs で出力される
変数 変数とは、値を入れておく箱のようなものです。
name = “wataru” number =7
puts name で出力・変数を使うと「変化に対応しやすい」「繰り返し使える」「何の要素か分かりやすい」などのメリットがある
変数展開 #{変数名} 文字列と数値は合算できないが、これを使うとできる
puts “#{age}歳です”  みたいな感じ
条件分岐 エクセルのIFに似てるかも
if 条件式処理end
で囲む例)pokemon = 10
if pokemon > 5
puts “ゲットだぜ”
endゲットだぜ!がコンソールに出力され、pokemonが3とかだと何も出ない
真偽値 puts で出力した値が条件式で成り立つ場合trueと出力される
インデント tabを一回押すと半角スペース2つ分の字下げをする、この字下げをインデントという
配列 複数の値をまとめて使う時

[値1、値2、値3]

ski = [“荷重”,”回旋”,”角付け”]
puts ski

インデックス番号 [値1、値2、値3] 左から0 1 2 変数展開と組み合わせることも可能
puts ski[1]
puts “#{ski[0]}が得意です”
繰り返し処理 配列の全てを出力したい時
配列 .each do |変数名|#実行したい処理endskiers = [“ワタルさん”, “やましーさん”, “なおきさん”]
skiers .each do |skier|
puts “#{skier}が今日の先生です”
endendまでの間の変数にしか適応されない
範囲内のことをスコープという
ハッシュ 複数の値をまとめて管理する方法。
配列みたいなものだが、書き方が違う
{ キー1 => 値1,キー2 => 値2}ski = {“カテゴリー”=>”Alpen”, “time” => 60}
puts skiAlpen
60※ハッシュ要素を更新する時
ski[“grade”] = “1級”
シンボル : ハッシュの書き方で:(シンボル)と言われる方法
キーの部分にシンボルを用いる
文字列ではなく、数値みたいな色になる??→出力する時も「:」を用いる必要があるski = {“カテゴリー”=>”Alpen”, :time => 60}
puts exam[:time]60
ハッシュの省略 ski = {“カテゴリー”=>”Alpen”, :time => 60}
puts exam[:time]⬇️ski =  {カテゴリー: “Alpen”,time: 60}
puts = ski[:time]
※出力方式はシンボルを用いる
60 
nil(ニル)
クラス class クラス名

end

attr_accessor attr_accessor :player(シンボルの部分をインスタンス変数)
クラスの中に複数保持できる
インスタンスの生成 変数名=クラス名.new

class Player

end

player1 = Pllayer.new

indekkusu 超基本ルールまとめ

puts “” putsの後は半角スペースを開ける
#の後はコメントになり出力されない
数値は””で囲まない
* 掛け算 使い方(puts 12*4)
/ 割り算
% あまり
= プログラミングでは=は左の変数に右の値を入れるという意味
変数は定義した後でしか使えない それ以前の部分に記入したところで変数が定義されていないことになるので、変数を定義した後でようやく使えるようになる
変数は途中で変更できる 9行目までtext =”Amazon” でも13行目にtext =”Apple”にすればそれ以降Appleになる
&& 〇〇かつ
|| または
倍数の時 %4 == 0 みたいな感じで書く??

 

【オンラインレッスン】初級者・中級者向け

月額500円でスキーやインラインに関する質問受け付けます!
公式LINEにて友達とLINEする感覚で直接私とやりとりが可能です。

業界初!?上級者に到達したら卒業してください!!

Players1stというサービスを利用します。ワンコインプランへお申し込みください
※リンク先のサービス内容とここに記載してある内容は多少異なりますが
「オンラインレッスン希望」と公式ラインでお申し付けください

 

末長くお付き合いいただくことがこちらにとって最大のメリットですが、受講するあなたのことを考えると上のステージを紹介した方がいいと思いますので