インライン

【インライン】スキーの上達したいならスケーティングを極めよう!

ワタル(@hetaproskier)です

インラインスケートでオフトレを行う方も多いのではないでしょうか??

僕はオフトレが嫌いで楽しんでトレーニングできるインラインを好んでやります

正直、インラインは万能なトレーニングではないです

良い部分もあれば悪い部分もあります

所詮、スキーはスキー、インラインはインラインですからね!

さて、今回はインラインスケートにおける初歩技術「スケーティング」について解説します!

Youtubeでスケーティングを学ぶ

ワタル
ワタル
今回の内容はYoutubeでご覧いただいた方が理解が深まると思います(^^)/

インラインってそもそもスキー上達に有効なの??

冒頭お伝えしていますが、「一長一短」です

インラインによって身につく技術もあれば癖もあります

僕自身、インラインで内股関節の処理が下手になりました

【基礎スキー】インラインを練習すると本当に上手くなるのか??(メリットデメリットまとめ)

ワタル
ワタル
インラインのメリット・デメリットをリンク先でまとめています

インラインスケートでスケーティングを学ぶことの重要性

スケーティングは初歩技術でもあり、究極の技術でもあります

つまり、突き詰めれば突き詰めるほど奥が深いです

スキーにおいても必ず「スケーティング」という動作は行います

全日本スキー技術選手権大会の大回り種目で検証しましたが、スケーティングである程度の点数は決まると考えられます

単純に回数を数えましたが、力感や躍動感、スピードがなどは「スケーティング」から生み出される要素であり

ネームバリューを覗いた場合はジャッジに与える第一印象となります

<検証した項目>

  1. 全選手の平均スケーティング回数(蹴った回数)
  2. 高得点は90点以上の平均
  3. 種目別トップは何回か??
    ※データから見えてきたスケーティングの事実を語っています
    ※男子選手131名を比較しています

Youtubeで技術選のスケーティング回数を確認する

ワタル
ワタル
リンク先の検証結果よりスケーティングは間違いなく勝敗に関わります。オフのうちからしっかり取り組みましょう

インラインでスケーティングを練習する方法

ハッキリ言いますが「動画」で学んでください(笑)

文章では少し理解しがたい部分があると思います!でも、一応説明しますね!

【初歩】インラインスケートで歩いてみよう

  1. ローラーを回さず歩く(壁・手すり・人の肩を持っても可)
  2. 少しローラを回して歩く
  3. ワザと逆ハの字であるく
  4. ワザと逆ハの字で歩きローラーを回す
ワタル
ワタル
初歩の初歩です。全く初めての人は参考にしてください

【中級】スケーティングしてみよう!

  1. 思いっきり腕を振ってアシストしてみよう!
    (※わざと上半身ベースで動き、下半身が連動することを確認
    ※初歩の段階から軽く腕を振ってみてもOK)
  2. 少しスピードを上げてスケーティングの練習をする
  3. ひたすら繰り返す
ワタル
ワタル
結局は反復練習です!できるだけ足元から蹴りだせたらサイコーです!

【上級】インラインでスキーのアウトエッジをイメージしてスケーティング

  1. アウトエッジを少し意識してみましょう
    (右足を前に出す時、右足の小指方向を意識する)
  2. アウトエッジを意識することでストロークが長くなる
ワタル
ワタル
文章では非常に説明しづらいので動画を観てください(-_-;)

【Youtube】インラインスケートのスケーティング技術解説

ワタル
ワタル
是非お試しください!あとチャンネル登録もね(笑)
ゲレンデレポート記事をもっと見る

ワタルのゲレンデレポートはHAKUBA VALLEYからお送りします(^^)/

雪山からのライブ配信や滑走レポートを詳しくやっていきます
今年は誰でもゲレンデの状況が1発丸わかりの指標を作成しました!

下記リンクよりご覧いただくとより理解が深まると思います