基礎スキー

技術選はアルペンスキーで勝てなかった人がやる種目なの??

ワタル(@hetaproskier)です

少し、闇テーマかもしれません

技術選の選手は「アルペンスキーで勝てなかったから技術選に挑戦してる」

という意見が少なからずあります

僕もかつてはその意見に大筋賛成でした

今は「アルペンスキーを経験していないと技術選での勝利は難しい」という答えに変わりました

今回は「アルペンスキーで勝てなかったから技術選やってるんだろ??」われる理由をまとめてみました

 

ワタル
ワタル
Youtubeでも解説しています!是非ご覧ください(^^)/

技術選がアルペンスキーで勝てなかった人がやる競技と言われる理由

アルペンスキーより選手寿命が長いから

正直なところ、アルペンスキーで引退してから技術選の舞台に活躍の場を移す人が結構います

逆に技術選を引退してからW杯などに挑戦しアルペンスキーでバリバリ戦う選手はそういません

国体を考えるとそれなりに活躍している選手もいますね!

技術選は割と参入しやすい市場だから

技術選って誰でも参入しやすい市場です

全日本のスキー技術選手権大会だって「SAJ1級」と「SAJ会員登録」さえしていれば参加は可能です

※地方予選を勝ち上がる必要はあります

元オリンピック選手も参戦する大会に一般スキーヤーも同じフィールドで挑戦する大きなチャンスです!

アルペンスキーを経験している選手ばかり活躍しているから

アルペンスキー出身者が技術選で大活躍していることは紛れもない事実です

純粋に基礎スキー出身で優勝する選手を見てみたい!というのもありますが

全日本の大会でトップ選手の滑走スピードを観ると「基礎だけやってても無理だな」と痛感します

アルペン出身者は雑とか滑りが汚いという人もいますが上手くないと早く滑れません

事実、速い選手は根本的にスキーがとてもうまいので是非基礎スキーヤーもレーサーとともに練習してみては如何でしょうか??

基礎スキー出身者のアルペンスキーヤーの例がないから

国体に挑戦する!こういう基礎スキーヤーは多いですし、前例はいくらでもあります

ただ、W杯や全日本選手権クラスの選手が出てこないのが事実です

純粋に基礎スキーだけを続けてきてアルペンスキーで活躍することがいかに難しいのか??

この事実だけでお分かりいただけるかと思います

<ここまでを振り返ると・・・>

  • アルペンスキーより選手寿命が長いから
  • 技術選は割と参入しやすい市場だから
  • アルペンスキーを経験している選手ばかり活躍しているから
  • 基礎スキー出身者のアルペンスキーヤーの例がないから
ここまでの理由を見れば「アルペンスキーで勝てなかった人」がやる種目
と言われても仕方ないように思いますよね
僕も割と最近までこの意見に大筋賛成していました
僕も割と最近までこの意見に大筋賛成していました
次に、アルペンスキーの成績とは関係ないよ!という意見を紹介していきます

アルペンスキーでの好成績=技術選で活躍できるとは限らない理由

アルペンスキーの成績が技術選の成績に必ず比例しないから

ただし、基礎スキーを見ているとアルペンスキーで生かされるテクニックもあれば

基礎スキー特有のテクニックもあります

事実、アルペンスキーで速かったからといっても技術選になれば立場が逆転する
なんてことも結局あります

もちろん、W杯やオリンピックで活躍した選手が優勝していることもあるので

必ずしも否定することはできませんが

技術選の選手もちらほら表現してる

技術選に挑戦する選手が「レースで勝てない人たちがやる競技という表現はおかしい」と言っていることをよく耳にします

それを肯定してしまうと自分たちを否定してしまうので当たり前といえば当たり前かもしれませんが

レース特有のテクニックから基礎のテクニックに移すこと

ここに関して絶対ストレスや悩み、苦労があったはずです

よく、レース出身の人は基礎スキーの練習を始めた日というのは忘れられないのではないでしょうか??

「今までと全然違う・・・・」と頭を抱え込んだハズです

そんな人たちは沢山見てきました

基礎を学んでいるうちに「こんな滑り方では”速く滑れない!!”」と思う人も絶対いると思います

学んで悩みを解消していくうちにレースのスキルを活かすと、とてつもない技術が手に入ります!

そんな人たちもたくさん見てきました!

使う技術や道具、評価ポイントが違う

アルペンスキーと同様の板を使っている選手もいますが

もちろん基礎スキー用トップモデルの板もあります
※メーカーによって違います

アルペンはタイム、基礎(技術選)はジャッジによる得点が評価ポイントです

技術選においてタイムは関係ありませんがトップ選手ほど滑走スピードは驚くほど速いです

レースやってても変えられない人は変えられないから

レースではバリバリでも

自分の滑りに凝り固まってしまっている人は結果を残せません

そもそも、絶対評価のない技術選において

多くのレーサーは困惑する様子で

本当にこの点数??
なんで??あいつ俺よりレース遅いのに点数でるの??

と疑問に思うそうです

僕がレースをやっていたとして格下の相手に得点抜かされるとイラッとしますね笑

【願望】正直、アルペンスキーヤーに「必ずしも関係ない」と言って欲しい

中には基礎スキーは完全にアルペンスキーの下に位置する

と思っているアルペンスキーがいることは事実です

僕自身、その考えは全否定しませんし
僕はアルペンスキーヤーをリスペクトしています(^^)

技術選の選手はアルペンスキーで勝てなかった人たちがやる種目!という意見に

反対する基礎スキーヤーはいますが

それに反対するアルペンスキーヤーがあまりいないのも事実です

【Youtube】「技術選選手はアルペンで勝てなかった人なの?」の解説を見る

ワタル
ワタル
Youtubeでも解説しているので是非ご覧ください!あとチャンネル登録もよろしくお願いします(^^)/

ゲレンデレポート記事をもっと見る

ワタルのゲレンデレポートはHAKUBA VALLEYからお送りします(^^)/

雪山からのライブ配信や滑走レポートを詳しくやっていきます
今年は誰でもゲレンデの状況が1発丸わかりの指標を作成しました!

下記リンクよりご覧いただくとより理解が深まると思います